紅葉シーズンは早割で!

一年中観光客が多い京都ですが、その中でもとりわけ混雑するのが紅葉シーズン。
特に混雑するのは、11月から12月の初旬。

この時期には多くの紅葉スポットでライトアップも行われ、他の時期とは違った京都を楽しむことができます。
当然、それを目当てに全国から観光客が殺到し、週末はもちろん平日でも宿泊施設に空きはありません。

そんな紅葉シーズンの京都へ行くには、早くからホテルの予約をしなければなりません。
通常なら、いろいろなホテル予約サイトを探せば、直前割引などで安くホテルを探して予約することもできますが、この時期の京都は例外。
空室が多く出てくることもなければ、割引がされることもありません。
ということで、旅行費用を安くするなら、直前割より早割!

この時期の旅行予約はどのようにすればお得なのか?
新幹線・飛行機・ホテルの別に「早割」についてご紹介しましょう。

新幹線

新幹線には「・・・早特きっぷ」など、早く買うと安い切符があります。
しかし、京都行きにはほとんどこのようなきっぷがありません。
といっても、エクスプレス予約など早割のきっぷはありますので、早めに予約購入する準備をしておきましょう。
新幹線は事前に予約しておけば、乗れないということはありません。

 

飛行機

飛行機といえば「早割」が一般的。
京都へ行くなら利用する空港は大阪国際空港(伊丹)がほとんど。
航空券は安く購入できても、紅葉シーズンの京都のホテルは高い。

この時期には、早めに予約するか、京都宿泊のツアーを避け、大阪宿泊にするかなど、ツアー料金を見て考えたい。
場合によっては、関空を利用した方がLCCを利用できるので安いことも。
とにかく京都に宿泊することにこだわらなければ、ある程度は安く旅行に行くこともできる。

ホテル

紅葉シーズンの京都で一番問題なのが宿泊。
ホテル・旅館の件数が多い京都でもこの時期には空室が少ない。

1が月前ではどんな宿泊予約サイトで探しても、空いているホテルは少なく、料金も通常とは比較にならないくらい高騰する。
この時期には、いつもと違う予約方法を考えてみたい。
例えば、大手旅行会社のサイトで探してみたり、ホテルの公式サイトで探してみたりといった工夫が必要。

あまりいいやり方ではないが、ホテルの宿泊プランの掲載が始まったら、見込で何日か予約してしまい、キャンセル料がかからないタイミングの内に日程を絞ってキャンセルするという方法もある。
おすすめはできないが、キャンセルした部屋も、この時期ならまず完売するだろう。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ